専業主婦でもカードローン利用したい

無職扱いとなる専業主婦は借り入れができない?

お金を借りる際に、不安になるのが専業主婦でもお金を借りることができるのかということです。生活費の足しにしたいけれど、主婦でも借りれるのかどうか不安な方は数多くいます。
キャッシングやカードローンの申込み条件は、20歳以上で安定した収入のある方が申込み対象です。そのため、主婦であってもパートやアルバイトなど定期的に収入のある方は申込みができるのです。しかし、パートやアルバイトで収入がなく家計は旦那様の収入で賄っている方の専業で主婦をされている方の場合は、申込みをすることができないのです。申込者である主婦の方本人に収入がないのであれば無職扱いと同じですので借入れができないのです。

旦那様を審査の対象として申込みできるが、管理コストがかかり、ほとんどの金融業者は専業主婦への貸付自体をやっていない

しかし、以前であれば主婦の方であっても配偶者である旦那様に安定した収入があれば旦那様を審査の対象として申込みができたのです。それが貸金業法が改正されて以降は、専業主婦の方への貸付は規制が厳しくなり、申込みをするのに旦那様の同意書が必要、婚姻関係を証明する書類が必要、など提出しなければならない書類が一般の申込みの方よりも多いのです。
さらに、審査は申込者である主婦のみではなく旦那様の審査も行います。総量規制では年収の3分の1以下に借入れ金額が制限されています。旦那様に他社に借入れ金額があれば、その借入れ金額を含めて2人で年収の3分の1以内なのです。審査する側からすれば、一人の申込みなのに2人分の審査をしなければならず、さらに預かる書類も多いため管理コストもかかり、時間もほかの申込者の方よりもかかるので、費用対効果を考えて専業で主婦をされている方の貸付自体を行っていない金融業者がほとんどなのです。

専業主婦の方に最適なローンとは、貸付規制などない銀行のローン

法律では専業で主婦をされている方の融資は禁止しているわけではないのですが、貸し付けるための条件があまりにも厳しいために実施していないのが現状です。だからといってすべての貸金業者が貸付を禁止しているわけではありませんので中には融資をする貸金業者も存在します。
専業主婦の方に最適なローンとは、銀行のローンです。銀行は貸金業者ではありませんので、貸金業法が適用されず専業の主婦の貸付規制などないのです。審査も旦那様を対象に申込できますが、何か書類が必要になるということはなく所得証明書も基本なしで申込みができます。借入れ金額の制限も特にありませんので、配偶者である旦那様に安定した収入があることが申込みをすることができる条件となります。