銀行系カードローンの保証会社の審査の内容

銀行系のカードローンの審査は、銀行と提携している保証会社が行う

小口金融には大きく分けて、銀行系カードローンと消費者金融系のキャッシングがあります。
銀行系のメリットは、消費者金融系のキャッシングよりも金利が低いことです。銀行系のカードは低金利でお金を借りることができるので、毎月の返済がとても楽になります。銀行系のカードは金利が低い分、審査は消費者金融系のキャッシングよりも厳しくなる傾向があります。
銀行系のカードローンの審査は銀行が行うのではなく、銀行と提携している保証会社が行います。カードローンは担保や保証人が不要でお金を借りることができますが、それができる理由は、保証会社が保証人の役割を果たしてくれるからです。もしも返済が滞ってしまった時には、保証会社が借主に代わって銀行に返済することになります。

審査の内容は、借主の返済能力の確認、他社からの借入の有無、年収や勤務先の調査など

ローンの申し込み時の審査の内容は会社によって違いがありますが、借主の返済能力の確認を中心に審査を行います。返済能力の確認に際しては、他社からの借入の有無と、年収や勤務先についての調査が行われます。
他社からの借入がある場合は審査は厳しくなり、審査に合格しても金利は高めに設定される傾向があります。他社からの借入があって返済が滞っている場合は、審査に落ちる可能性が極めて高いです。他社からの借入の内容については信用情報機関に照会するとすぐにわかりますので、他社からお金を借りて返済が滞っている人は、カードの発行は極めて困難です。
返済能力の確認の審査では、借主が毎月安定した収入を得ているかについての調査を行います。サラリーマンやOL、公務員などは、審査に合格する可能性が極めて高いです。アルバイトやパートなどの非正規雇用の人でも、毎月安定した収入を得ている場合は、カードの発行は可能です。学生でもアルバイトをしていて安定した収入を得ていれば大丈夫です。

銀行系のカードローンの審査で優遇される条件

総量規制対象外の銀行系のローンは、専業主婦や収入がない人でも、家族に一定の収入があればカードの発行は可能です。銀行系のローンの審査で優遇されるのは、上場企業の正社員や公務員などです。これらの職業の人は信用性が高いため、かなり低い金利が適用されるケースが多いです。自営業や自由業の人は審査は厳しくなりますが、医師や弁護士のように社会的ステータスが高い職業の人は審査に合格しやすく、低金利が適用されます。
銀行系のローンは、その銀行の口座を持っていて取引をしている人は優遇されます。銀行取引の期間が長い人ほど審査に合格しやすくなります。