銀行カードローンのメリット

銀行法が適用される銀行、貸金業法が適用される貸金業者の借り入れ可能金額制限の違いとは?

個人がお金を借りるのに便利なのが、カードローンです。ところが、カードローンという商品をさまざまな金融業者で取り扱っています。大きく分けると、銀行と消費者金融で取り扱っています。そのほかにもクレジットカードにキャッシングの機能がついていたり、信販会社でも取り扱っています。
その中でも銀行カードローンは特にメリットが多いです。金融業者の中でも消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融、信販会社は貸金業者と呼ばれています。そのため貸金業法が適用されるのです。銀行に関しては、貸金業者ではありませんので貸金業法が適用されず銀行法が適用されます。ここが大きな違いなのです。

貸金業者には2010年の貸金業法改正に伴い総量規制が導入されています。総量規制が導入されたことにより、借り入れ可能が金額が年収の3分の1以下までと大幅に制限されてしまったのです。年収が600万円ある方は最大で200万円までしか借り入れができなくなったことになります。これは、金融機関1社の借入金額が年収の3分の1に制限されるのではなく、取引している金融業者の借入金額の合計が年収の3分の1以下に制限されるのです。
カードローン申し込み時基本的には他社の借入金額は申告なのですが、その申告が本当かどうか信用情報調査をしますので、他社の借入金額を黙って隠そうとしてもすぐに判明しますので、申告と実際の信用情報の情報が乖離があると、うその申告をしてどうしても借りようとしているのか、自分で借入れ金額を把握していないのかどちらかとなりますので、審査ではマイナスのポイントとなります。

金利が低く設定されている銀行のカードローンがお得

銀行カードローンですが、貸金業法が適用されませんので、年収の3分の1以下に借入れ可能な金額が制限されることはないです。もちろん、年収以上の融資を受けることができる可能性もありますので、大きい限度額を利用することができます。
また、消費者金融のカードローンと比べると銀行のカードローンは、金利が低く設定されています。下限金利に関してはあまり差がないのですが上限金利は14%台となっています。消費者金融の金利は18%の上限金利としているところが多いですので、それらと比べると低い金利で利用ができることにあります。
また、所得証明書も基本的には不要で申込みができます。300万円や500万円といった余程高額な限度額を希望しない限り所得証明書不要でカードローン申し込みができます。