私のカードローン体験談

突然故郷の母親が倒れ、しばらく会社を休まなければならない状態に…

これは私がお金に困りカードローンを利用したときの体験談です。
私は結婚するまでは、正社員で働きながら一人暮らしをしていました。その頃、お給料もボーナスも全く貯金せずに旅行に行ったり、洋服や鞄、アクセサリーを購入したり、友人たちと食事したりと、毎月使う金額も多かったですが、それなりに高いお給料をいただいていたのでお金に困ることはありませんでした。
しかし、そんな生活が続いていた時、突然故郷の母親が倒れてしまい仕事をしばらくの間、お休みしなくてはならなくなりました。職業柄、長期の休暇をとることができましたが、その間のお給料はもちろん出ないので当面の生活費用と、いない間にも家賃やら光熱費やらお金が必要なのに貯金無しの状態でどうしようかと頭を悩ませていました。時期的にちょうど夏のボーナスが支給される直前で、あとひと月ほど経てばお給料の3か月分のお金が振り込まれるところでした。

口座を持っている銀行のカードローンで融資を受け、生活費用に困ることはなく母親を看取ることができた

しかし、母親の病状的にすぐにでも帰省しなければならない状況で、年金暮らしの両親にお金を借りることも難しく、どう工面しようか、なにかいい方法はないかとインターネットで調べてみました。すると、カードローンならまとまった金額を即日融資が受けられるということを知りました。
いろいろな種類がありどこから借りるのか迷いましたが、口座を持っている銀行にローン契約機が置いてあり、まだ時間帯的にも間に合うことから、今回は銀行のものにすることにしました。すぐに必要な書類を揃えて銀行へ、ボーナスが支給されればある程度の金額を返済することができるので、思い切って生活費用の半年分の融資を受けることにしました。
これで、当面の生活費用に困ることはなくなったのでとても安心することができ、急いで帰省することができました。帰省してから半年ほど経った頃、母親を看取りました。

計画的に融資を受けたので、ボーナスでまとまった金額を返済し仕事復帰してすぐに完済

正社員で働いていたにも関わらず、貯金をまったくしてこなかった私が仕事を休んで母親の看病にあたり看取ることができたのは、カードローンで融資を受けることができたからです。もしも、そのことを知らなかったら看取ることはできなかったでしょうし、後悔していたと思います。
計画的に融資を受けたので、ボーナスが支給されてすぐまとまった金額を返済し、半年後に仕事に復帰してまたお給料をいただくようになったのですぐに完済することができました。計画的に利用すればとても便利なので、その後も利用させていただいていました。